ステレオワールド 掲示板 [検索]

 国際3DFair 2008:10月23日〜26日 日本科学未来館   ROVER416T   2008年9月21日(日) 6:48    HP
[修正]
「PCで立体視してみるぶろぐ」さんからの引用です。
(STEREOeYeさんのBBSにもマルチポスト)
http://dcexpo.jp/3d-fair/

アキバ3D Fair 2006をさらに大きくしたような感じなのかな〜
最近の立体映像の綺麗さ・凄さは、とにかく実際に見てもらわないと伝わらないので、一般の人にこそ大勢で見て欲しいイベントですので、本当は場所的にはアキバや東京フォーラムあたりが良いのですが...
ま、我が家からは横浜より遥かに近いし(クルマで30分ぐらいかな)、じっくり1日掛けて見てこようと思います。

 ステレオフォトメーカーに感謝   井口 隆(いのくちたかし)   2006年11月30日(木) 21:31    HP Mail
[修正]
はじめまして、井口と申します。
私は20数年前から地すべり研究のかたわら、実体視地形図の作成などを片手間に取りくんできました。また現地調査で撮影した写真のプリントなどは見やすい位置に手持ちで調整して見ておりました。しかし最近はデジカメ写真などデジタル画像をPC上で見る方が多くなってきたので、PC上で簡単に立体視ができ、人にも見せることができるソフトがないかと長年探しておりました。
最初はマイクロポールフィルターを買った時に付いてきたVRexのDepthCharge を用いたり、その後はTEXNAIのJPS BuilderとJPS Viewerのセットや「どこでも実体視」を購入して用いてきました。また広範囲の立体視地形図を見る時は、「カシミール3D」の地図連動機能を駆使したりしました。しかしこれらのソフトはイマイチだったり事前設定が面倒だったりで、もっとすぐれたソフトはないかと探していました。
しかし、ある時偶然に「むっちゃんのステレオワールド」を知って、ステレオフォトメーカーを使わせて頂くようになりました。これまでほしいと思っていた機能がほとんどが装備されており、ペア写真の作成に加えビューワーとしての使用も自由自在になりました。私はセスナ機からの空撮写真を大量に保有していますが、揺れる機内から撮影した写真を組み合わせて実体視写真の作成に苦労しておりました。苦労して作成しても、半数近くは目に負担を掛けるような写真でしたが、自動位置調整機能によりほぼ、満足のいく調整が可能になりました。フリーでこの様な素晴らしいソフトを提供いただき、感謝しております。
また、私はWeb上に地すべり地形の実体写真をいくつか公開しておりまして、最近の写真の作成に使わさせて頂いております。公開に関してもこれまではTEXNAIのプラグインStArtを用いたJPSのページなどを作っておりましたが、(http://lsweb1.ess.bosai.go.jp/jisuberi/jisuberi_mini/LSview/2.asp)あまり利用者はいない様です。まだ、試していませんが、いずれStereoPhotoViewerを用いたページを作らせて頂ければと考えております。
実体視は我々の調査・研究にとって不可欠の手段ですが、成果を分かりやすく伝えて行くための強力なアウトプットの方法だと考えております。今後の新たなハードの開発も期待し、様々な媒体を通じて活用できるようになると素晴らしいと思います。今後も、いろいろと利用させて頂くと思いますが、よろしくお願いします。

PS. ローバー416Tさんの3D Fair 2006 の投稿読ませて頂きました。私も知っておれば行って見たかったです。この掲示板は時々見ておりますので、何か情報がありましたら、よろしくお願いします。

    むっちゃん   2006年12月1日(金) 7:24    HP [修正]
むっちゃんです。(中国のホテルからの投稿です)

ステレオフォトメーカーのご愛用ありがとうございます。
少しでもお役にたっているようで、作った甲斐があります。

海外では、色々なステレオクラブやWEBで紹介され、ステレオ写真をやっている人達にかなり浸透してきているようなのですが、肝心の国内の知名度がイマイチなのが、少しさびしい所です。

先日は、3Dフォーラムで、「デジタルステレオ写真の楽しみ方」という題で、ステレオフォトメーカーの紹介したり、少しづつですが、啓蒙活動をやっております。

初心者の方でも、デジカメ1台で、少しズラして撮影し、ステレオフォトメーカーの自動調整ボタンを押すだけで綺麗な立体写真ができる事を知っていただければ、少しは、やってみようという人もいそうなのですが...

    solidfromphoto   2008年9月7日(日) 17:25    HP Mail [修正]
写真から3次元形状を作成するプログラムを作っています。
作成した3次元形状はDXFでCADに読み込むことができます。
またインターネットで公開できるVRMLで出力することもできます。
よろしければご覧ください。
http://www3.plala.or.jp/SolidFromPhoto

    ROVER416T   2008年9月9日(火) 21:45    HP [修正]
>井口様
3D Fair 2006のような産学官一体での展示会をまた開催してくれれば良いのですが、あれは1回キリだったようで残念です。
毎年12月に横浜で開催されている3D EXPOは少し物足りない感じだし、10月の幕張メッセでのCEATECの方が期待できるかも。
(三菱が3D対応60インチのレーザーリアプロTVをお披露目してくれれば嬉しいのですが...オリンパスは液晶モニター対応の3Dシャッターメガネを出すようです)

>むっちゃん様
またまた中国ですか、お忙しそうですね。
SDMフォーラムからの転送メールをチェックしていますが、v1.74が出そうで出ませんね。ま、v1.73でもかなり良いので満足していますが...
そうそう、価格コムのキャノンTX1スレッドに「製造中止・後継機種ナシ」の情報が2ヶ月ほど前に載りましたが、米国キャノンの有力筋情報でもそれを裏付けていますね。結果、在庫がなくなりつつあるTX1の価格が高くなってしまい、むっちゃんさんのアマゾン・リンクから24,800円で買えたのはラッキーでした。
ただし、SDMフォーラムに誰かが書き込みしたように「ノイズ」「スミア」「人工光下でのホワイトバランスの不具合」は酷いですね。動画ファイルのバカでかさも困り者ですが、使い方に慣れてきて、ようやくまともな写真が少しは撮れるようになりました。

>solidfromphoto様
「写真3Dソフト」凄いですね!
まだデモとサンプルしか見ていませんが、我が家にあるデッサン練習用の石膏胸像で試してみて、上手くいけば人物撮影で応用してみたいと思います。
どの方向からもほぼ均一になるようなライティングが難しそうですが、前後左右から特定の1点が見えるようなアクセサリーを着けてもらい、それを「対応点」にすればいけそうな気がしますが、既に人物でお試しされていますでしょうか?

    ROVER416T   2008年9月10日(水) 12:33    [修正]
補足情報です....

本日届いた「第17回 産業用バーチャル リアリティ展」(2009年)の案内メールによりますと、展示の目玉として「■特設フェア」として3Dディスプレイや3DCGに力を入れた展示をするようです。

 ■会期: 2009年6月24日(水)〜26日(金)
 ■会場: 東京ビッグサイト
 ■主催: リード エグジビション ジャパン(株)

■特設フェア
 ・3Dディスプレイ フェア
   3Dディスプレイ /裸眼立体視ディスプレイ /立体テレビ
   /ヘッドマウントディスプレイ / 3D映像プロジェクタ  等
 ・3D CG フェア
   3D CGアプリケーション /3D CG作成ツール
   /3D CGミドルウェア /モーションキャプチャー 等
 ・3次元デジタイザ フェア
  (製造業、アミューズメント業、医療、建設業、建材業、不動産業、
   官公庁、アパレル、化粧品メーカー向け)
   3次元デジタイザ /3次元データ生成ツール/立体測定装置

詳細は
http://www.ivr.jp/ivr/jp/exhibit/outline.phtml

本当は「CEATEC」がマスコミの注目度が高くテレビやネットで報道されるので、そこに3D関連で一般受けするようなプロダクトモデルを一堂に会して展示してくれれば一般人へのアピールになって良いのですが...
CEATECと4ヶ月ほど間が空くこの「産業用バーチャル リアリティ展(IVR展)」は参加対象が産業界や学界の研究者なので、こちらには研究途上のものやプロトタイプも含めて展示してくれれば2つのコンベンションの棲み分けもできると思います。
中途半端で参加者も少ない横浜での「3D EXPO」は「CEATEC」または「IVR展」のどちらかとの同時開催にするといった改革が必要だと思うのですが、運営組織や管轄しているお役所のメンツなどから難しいのでしょうね。

    solidfromphoto   2008年9月13日(土) 16:10    HP Mail [修正]
ROVER416Tさま
仰る通り、ライティングが均一でなくVRMLのテクスチャが不自然になっています。
いろいろ問題が生じそうで人物は試したことはまだありませんが、アパレル関係にアピールするため試みたいとは思っています。

    ROVER416T   2008年9月14日(日) 6:48    HP [修正]
>solidfromphoto

ファッション・カタログの需要があると思いますので(後姿とか斜め横からの姿とか任意に見られると訴求力が違いますから)、マネキンで十分かも...1万円台で今風な顔のリアルマネキンが売っていますし、100円ショップで売っている円形の回転台に載せて撮影すれば、ライティングは1つのセットでOKですね。
私は以下のフランスのサイトで実験しているVRを1つのビューワーで様々な表示(交差法、アナグリフ、インターリーブ、液晶シャッター、HMD等)が出来ればな〜と思っていましたので、それに近づいた感じです。
http://milked.free.fr/crossmodels/index.html

>むっちゃん様
中国本土?香港?
昨日、ステレオクラブ東京の例会に初めてお邪魔させていただきました。
むっちゃんさんにお会いできなかったのは残念ですが、Re-Qさんをはじめ、若い方々や女性の方々も多く参加されていて、和気藹々の楽しい例会でした。
オリンパスさんのデモも好評でした。早く単体売りして欲しいものです。

    むっちゃん   2008年9月14日(日) 7:15    HP [修正]
ROVER416Tさま

そうなんです。まだ中国本土に留まっています。
今回は、例会に参加したかったのですが、残念です。
年末には、出席したいと思います。ご一緒できるといいですね。

solidfromphotoさま
デモムービー見せていただきました。
すごいですね?是非試してみたいと思います。
ステレオ写真の場合は、ステレオベースが被写体までの1/30〜1/50と非常に狭く、これを使うと誤差が大きくなってしまいそうですが、どのくらいのステレオベースが最適なのでしょうか?
あとは、近距離で、ステレオベースを広くとると、どうしても、トーイン撮影にしないといけませんが、パース変形があっても、大丈夫ですか?

Autopanoの特徴点抽出がうまく使えるといいですね!




    solidfromphoto   2008年9月15日(月) 21:56    HP Mail [修正]
むっちゃん様
被写体との距離とステレオベースの比率で言うと1対1〜2程度が良いです。と言うよりも被写体をグッルッと囲むように写真を撮るのが良いです。
「カメラ位置・姿勢の計算(標準:一定倍率)」はパース変形を考慮し対応しております。もう一つの「カメラ位置・姿勢の計算(望遠:不揃倍率)」はパース変形を対応しておりませんがズーム倍率が異なる写真を使用できます。

    月☆   2008年8月21日(木) 22:14   
[修正]
もうひとつだけ質問させてください。
先にご紹介していたページにあった「左右自動位置調整」機能を使いたいと思い、ヘルプを見ながら手順に従って操作したのですが、ステレオフォトメーカーの設定に「位置調整」のタブが出てきません。
どこか手順が間違っているのでしょうか? 何度もお手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

    むっちゃん   2008年8月21日(木) 22:23    HP [修正]
色々事情があって、外部ソフトを使用するように変更しました。
下記ページを参照し、Autopanoというソフトをインストールしてから、ご使用下さい。
http://stereo.jpn.org/jpn/stphmkr/autopano/autopano.htm

    月☆   2008年8月23日(土) 1:27    [修正]
そちらのページにある通りにやったつもりなのですが、うまくいきません。
ステレオフォトメーカーから外部ツール?で強制的に動かしてみると、DOS窓が開いて計算のようなものはたくさん出てきたのですが・・・。

    むっちゃん   2008年8月23日(土) 7:41    HP [修正]
>DOS窓が開いて計算のようなものはたくさん出てきたのですが・・・
正しく動作していると思うのですが、何がうまくいかないのでしょうか?

    月☆   2008年8月24日(日) 0:47    [修正]
http://stereo.jpn.org/jpn/stphmkr/autopano/autopano_exe.htm の説明では、編集→設定で位置調整の設定を行うようになっていますが、画像読み込み前も読み込み後も、このタブが出てこないので設定できません。
操作は上記の説明通りに行い、ソフトもそれぞれ作動していると思うのですが。

    むっちゃん   2008年8月24日(日) 7:27    HP [修正]
編集→設定でダイアログが表示されませんか?
ちなみにOSは何を使っていますか?

初めてお聞きする症状なので、全く見当がつきません。

    月☆   2008年8月24日(日) 15:30    [修正]
表示されないので、設定できなくて困っています。

OSはXPを使っています。

    むっちゃん   2008年8月24日(日) 16:56    HP [修正]
設定以外のダイアログは表示されますか?

別のPCで試す事はできますか?

    月☆   2008年8月26日(火) 15:40    [修正]
大変お手数をおかけし、申し訳ありません。
設定の他のタブはあります。 位置調整のみありません。
他のPCで試すのはちょっと難しいのですがやってみます。

    むっちゃん   2008年8月27日(水) 7:57    HP [修正]
もしかしたら、
ステレオフォトメーカーVer2.33 (フルセット版)サイズ 3611K 2006/01/23
の方を使っていませんか?
Ver2.33 は、かなり昔のバージョンで、自動位置調整等を追加する前のバージョンです。
その場合は、最新バージョン(Ver3.24)をお使い下さい。

    月☆   2008年8月27日(水) 14:00    [修正]
すみません、その通りでした。 やっと設定ができました。

>ステレオフォトメーカーVer2.33 (フルセット版)サイズ 3611K 2006/01/23
>ステレオフォトメーカーVer3.24 (実行ファイルのみ)サイズ 638K 2008/08/09

と並んでいましたので、「フルセット」「.33」「.24」の部分で上の方を入れた方がいいのだと勝手に思い込んでしまいました。
よく見たらバージョンも2と3ですし、更新日付もついていますよね。
本当に申し訳ありませんでした。

自分で位置調整することで、とても重要なことにも気づけましたが、この機能のおかげで、びっくりするほど簡単に位置調整ができるようになりました。

おかげさまで子どもの自由研究もだんだんと形になってきました。
ありがとうございました。

    むっちゃん   2008年8月27日(水) 22:34    HP [修正]
こちらこそ、わかりずらいホームページで申し訳ありません。

気が向くと、自分の使いやすいようにソフトはバージョンアップするのですが、なかなかヘルプファイルを書くのが億劫で...

実行ファイルだけでアップデートするのも不親切だと思い、フルセット版を残しておいたのが、かえって混乱させてしまったようで、申し訳ありません。

 写真撮影について   月☆   2008年8月19日(火) 22:30   
[修正]
こんにちは。 はじめまして。 月☆と申します。
小学生の子どもの夏休みの工作でぜひ立体写真を作ってみたいと思い、こちらにたどり着きました。

数ある立体写真HPの中からなぜこちらにと思ったかというと、こちらの写真が1番遠近感があってきれいだったからです。
そこでおたずねしたいのですが、カメラは1台しかなく、小学生の宿題なので難しいシステムや道具も使えないという状況で、どういう構図や手順で写真を撮ると、より効果的に見えるでしょうか。
簡単に手持ちでテスト撮影してみたのですが、「まぁ、立体に見えるかな」という感じでした。
撮影のコツなどありましたら、よろしくお願いいたします。

    むっちゃん   2008年8月21日(木) 7:44    HP [修正]
こんにちは、

こちらのページが参考になりませんか?
http://stereo.jpn.org/spm/index.htm

    月☆   2008年8月21日(木) 13:34    [修正]
回答ありがとうございます。
基本的な仕組みは理解できていると思いますし、必要なソフトはDLしましたので、あとはどうすれば効果的な写真が撮れるか、HPや実際の写真を参考にしながら、自分なりに考えてみたいと思います。

    土鍋ちゃん   2008年8月12日(火) 18:51   
[修正]
むっちゃんさんはじめまして。土鍋ちゃんといいます。
今、中学校で「裸眼立体視を利用する」という卒業論文を作成しています。そのなかで、立体視のアンケートにステレオペアとステレオグラムの画像を使います。
ステレオペアはなんとか作れましたが、ステレオグラムがどうしても作れなくて、むっちゃんさんのHPにきました。
「ステレオグラムJAVAアプレット HTML版」で画像を作ったので、どうしてもこの画像がほしいのですが、ダウンロードはできますでしょうか?

    むっちゃん   2008年8月12日(火) 20:58    HP [修正]
JAVAアプレットは、残念ながら画像の保存はできません。

キーボードの右上の方に「Print Screen」というボタンがあると思いますので、「ステレオグラムJAVAアプレット HTML版」で画像を作った後、このキーを押すと、画面全体がクリップボードにコピーされます。Windowsに標準で添付している「ペイント」という画像編集ソフトに貼り付け、保存することができます。
後は、適当な、画像ソフトで必要な部分をトリミングすれば、OKです。

私の作った「立体もじ太」というステレオグラム作成ソフトを使えば、作成した画像をそのまま保存できます。
http://stereo.jpn.org/muttyan/rittai.htm#3dmjt
シェアウェアですが、卒論に使うだけであれば、送金不要です。特に機能制限もありませんので、よろしかったらご利用下さい。

    土鍋ちゃん   2008年8月13日(水) 14:29    [修正]
丁寧なご回答、ありがとうございます!
一つ目の方法で画像を作りました^^
卒論の資料に使わしていただきます。
シェアウェアなのに送金不要とまで・・・本当にありがとうございます。
これからも足しげく通わせていただきます・・・

 ステレオフォトメーカー Ver3.24 公開   むっちゃん   2008年8月10日(日) 14:50    HP
[修正]
久々に、ステレオフォトメーカーをバージョンアップしました。
http://stereo.jpn.org/jpn/stphmkr/index.html

今回は、カナダのオタワ大学のEric Dubois教授の提唱する新しいアナグリフ合成方法(Duboisアナグリフ)をサポートしました。
SPMでのサポートの可否をDubois先生にメールで問い合わせた所、快くOKの返事を頂きました。
Duboisアナグリフと通常のカラーアナグリフの比較をしました。
http://www.stereomaker.net/eng/stphmkr/dubois/index.htm
赤の色味が黄色変わってしまうのが難点ですが、ゴーストも少なく、赤や青系の色も、ちらつきなく、非常に見やすくなると思いますが、いかがですか?
もう少し、色味等を調整したい場合は、カスタムアナグリフで、自由に設定できますので、挑戦してみて下さい。



    Re:Q   2008年8月11日(月) 3:26     Mail [修正]
比較の画像、とても分かりやすいです。特にスポーツカーの光沢感が変わるのは興味深いです。Duboisはマットになりますね。
アナグリフの色味の違いで、奥行きや浮き出す感じが変わりますか?動画の話で済みませんが、SMMで作成したカラーアナグリフは、画面から飛び出した画像がAfter Effectの3Dメガネで作成したカラーアナグリフより見やすく、反対に没入感はAfter Effectで作成した画像の方が、より奥行きを深く感じるのですが、気のせいでしょうか・・・?

 はじめてのステレオムービー   パノラマン   2008年8月10日(日) 14:29    HP
[修正]
むっちゃん 有り難うございます。
ROVER416Tさん 有り難うございました。

むっちゃんの追加情報そのうち勉強してみます。

おかげで私のA570ISで 同期撮影できるようになりました。

まだ立体動画は作った事がないので、昨日の夕方立体動画にチャレンジしました。
早速初めての立体動画 http://rittai.photo-web.cc/movie.html
というページに掲載しましたので ご笑覧下さい。


 SDM Ver1.73追加情報   むっちゃん   2008年8月10日(日) 9:56    HP
[修正]
ROVER416Tさん、いつもナイスフォローありがとうございます。

SDM Ver1.73には、「CFGSDMEDIT.jar」というSDMの設定をWindowsやMac上で行えるJAVAアプリが添付されています。
これを使えば、カメラの小さい画面で、せこせこ設定をしなくても、PC上でマウスで簡単に設定ができるようになります。

使い方は、「CFGSDMEDIT.jar」をダブルクリックして起動し、同じフォルダにある、「CHDK.CFG.L(左カメラ用設定ファイル)」「CHDK.CFG.R(右カメラ用設定ファイル)」をそれぞれ、読み込んで、必要な変更を加えて書き戻します。
その後、「sdminste.exe」で「Auto」→「New Install」で新規インストールすれば、設定した状態で、インストールされます。

「sdminste.exe」の日本語版は、こちらに置いてあります。「http://stereo.jpn.org/jpn/sdm/sdminst.htm

「CFGSDMEDIT.jar」を日本語化するには、SDM Ver1.73のCHDK\LANG\english.lngというファイルを「SDMCFG.lng」にリネームして、「CFGSDMEDIT.jar」と同じフォルダにコピーします。あとは、テキストエディッタで、「SDMCFG.lng」の中身を日本語翻訳し、「CFGSDMEDIT.jar」を起動すれば、日本語で表示されるはずです。(だれか翻訳やってくれませんか〜〜〜)

    むっちゃん   2008年8月10日(日) 10:04    HP [修正]
補足です。
「CFGSDMEDIT.jar」はJAVAアプリなので、Macでも使えるはずですが、「sdminste.exe」はWindowsアプリなので、上記方法は、Windowsでしか使えません。

Macの場合は、SDMの[CONFIG\config_1.73_eng\L\CHDK.CFG][CONFIG\config_1.73_eng\R\CHDK.CFG]を編集し、SDMをインストールしたSDカードのCHDKフォルダにコピーしてお使い下さい。

 SDM Ver1.73について   パノラマン   2008年8月8日(金) 11:34    HP
[修正]
むっちゃん お世話になります。
このたび SDM Ver1.73をダウンロードしてみました。

サブメニューが出て むっちゃんの説明画面と違うのでとまどってしまいました。
英語に弱いのでなんだかわかりません。
結局SDM Basic Manu→Advancde Menu→Debug params→Make cardbootable
だけセットして見ました。

とりあえず同期撮影できますが 設定は上記だけでよかったのでしょうか。
カメラはA570ISです、カメラのモニターに大きく出る
Set<ALT>Mode
《blank browes》
の文字はじゃまなようなのですが、もし他に設定する箇所があるのならお教え下さい。

    ROVER416T   2008年8月9日(土) 7:08    [修正]
デビッドさんにIXY DIGITAL 10用のSDM 1.72の不具合を指摘して1.73へのバージョンアップをけしかけた一人として、むっちゃんさんに代わって少し説明します。
ただし、あくまでも私が使用しているTX1用とIXY DIGITAL 10用のみについて実際に試したことに基づいていますので、他の機種については定かではありませんが、基本的に同じだと思います。

今度のSDM v1.73は基本的にそのまま何もせずにオートでシャッター同期が取れるようなシンプルな初期設定になっています。

また、1.72まで馬鹿デカク表示されていた「Set<ALT>〜」(通称ビッグ・ブルー)の表示も各国のユーザーから「ウザイ」「消したい」と批判されていたため、1.73の初期設定では表示されなくなりました。

さて設定のポイントですが、まずはZIPに同梱されている「sdminste.exe」をパソコンで立ち上げて、カードリーダー経由でSDカード(4GB以下もそれ以上の場合も)を「Auto」→「New Install」→(あとは表示に従ってフォーマットしたりカードを抜き差ししたり)するのが正解です。
この時点で分かり難い場合はむっちゃんさんが作った日本語版のインストーラーをお使いになってください(必ずSDMプログラムと同じフォルダーにコピーしてお使いください)。

このインストーラーの英語版では「右側カメラ」「左側カメラ」を選べるようになっていますので、指示通りにクリックしたりカードを抜き差しすれば、自動的にカードがフォーマットされてSDMがコピーされて「いつでも自動立ち上げできるカード」が出来上がります。

あとはそのSDカードをカメラに差し込んで、電源スイッチを入れるだけでSDMが自動起動して、シャッタースピードオートでの同期及びストロボ撮影もOKの「誰でも簡単ステレオカメラ・モード(いわゆるバ○チョン・モード)」になります。

お好みの設定パラメーターとしては、

@シャッター速度の設定(カメラ本体で速度設定できない機種の場合)
「メニュー」→「Brackt/Override」→「Overrid shutterを●にして下のShutter Valueをよく使うお好みのシャッター速度にしておくことでプリセットできる」。
以前のバージョンはシャッター速度を1/2000秒とかにして使ってからオートに戻す場合もいちいちメニューをカチカチいじってOffに戻さなければなりませんでしたが、v1.73では「Override Shutter」を●にするかしないかでプリセットしておいたシャッター速度とオートを一発で切り替えられるようになり非常に便利になりました。

Aズームのステップ同期
「メニュー」→「Stereo」→「Enable Synchronaised Zoomを●」にしておく。
これで片方ずつズームレバーをチョイ押しすればズーム同期モードとなり、USBスイッチを押すたびに左右が同期してズーミングされます。解除はカメラ本体のシャッターボタン半押しまたはズームレバーの長押し。

Bメニュー文字の回転(Zリグや縦アングルにした場合)※TX1用にはこのパラメーターは無い
「メニュー」→「Stereo」→「Cam orientationを変更してメニューの表示を回転させる」

私が使う設定はこんなものですが、RAWで記録したり、半逆光での複数ブラケット撮影などはそれこそお好みで設定してください。

    パノラマン   2008年8月9日(土) 8:30    HP [修正]
ROVER416Tさんへ

早速有り難うございます。 前のバージョンのようにSDカードへ
コピーして カメラ側のaltボタンやメニューボタンで設定するものとばかり思っていました。

sdminstというのがインストーラーだったんですね、早速あとでインストールしてみます。

有り難うございました。

    ROVER416T   2008年8月9日(土) 9:08    [修正]
>パノラマンさんへ

そうそう、sdminste.exeでインストールしたSDカードをカメラに刺すときに、カード本体の書き込みスライドスイッチを「Rock」側にしておくことをお忘れなく(これは以前から同じですね)。

    パノラマン   2008年8月9日(土) 9:57    HP [修正]
ROVER416Tさんへ

インストールしました、成功です、簡単にそのまま使えました。


インストール時にSDカードの名前を5文字までつけられるので left right としたおかげで

パソコンへエクスプローラーでコピーするとき
右のデーターか左のデーターか分かるようになりとても便利です。
有り難うございました。


 TX1 で悪戦苦闘中   JO-AKKUN   2008年7月28日(月) 2:06   
[修正]
初めまして。と、言いましても、以前からステレオビューイングに興味がありまして、何度かお邪魔しております。
 で、知らぬ間に TX1 が同期撮影可能との記事がアップされておりまして、チト興奮気味です。
 と、言いますのも、ステレオ撮影に使えないかと、TX1 を偶々 2 台購入しておりまして、早速着手であります。
 しかしながら、動画の同期撮影がうまくいきません。。。何か見落としているのかもしれません。もう暫く努力してみますが、ギブアップの時はよろしくお願いいたします。。。

 さて、動画モードと、液晶表示モードで、同期制度が悪くなる件ですが、貴殿の記事ではキースキャンのタイムラグとなっているようですが、チト違うかなと思っております。
 そもそも、CCD は高速読み出しが苦手だったと記憶します。つまり動画が絡むと高画素の読み出しができない。一方、スチルでは、高速読み出しの必要がないから、高画素に対応できる。
 この得手不得手を解決するために、動画から静止画に切り替えるときに、CCD の読み出し設定を変更しているはずです。変更するだけなら時間は掛かりませんが、既に撮影された動画データーが CCD 上に残っていますから、こいつも消してやらなければなりません。
 液晶モニターに表示されている動画は簡易画像ですから、動画の撮影に入ると、これまたデーター量も読み出し速度も変更してやらなければなりません。
 この変更に掛かる時間が簡易画像のシンクのタイミング、、、と言いましょうか、今読み出している画素のポジションによって違ってくるのだと思います。その為、1/200 秒程度のタイムラグが発生しちゃうンだと考えます。
 で、この切り替えしている間は、液晶モニターがブラックアウトしたりフリーズしちゃうワケで、キヤノンに限らず、デジタルカメラの多くはそういう現象が見受けられますから、CCD の宿命と申しましょうか、避けては通れない処理なンだと思います。
 もしかすると、簡易動画もシンクロさせてやると、本撮影の同期精度が高くなるかもしれません。ま。ただ、一端同期をとっても、フリーランですから、あまり期待はできないのかもしれません。
 ビデオの CCD は一通り勉強したつもりで這いますが、デジタルカメラは実際にどうなっているか承知していませんし、大昔の記憶ですので。。。
 何かの参考になればと書き込みました。

 またお邪魔いたします。失礼しました。

    JO-AKKUN   2008年7月28日(月) 2:08    [修正]
「同期制度」は「同期精度」の誤りです。。。

    むっちゃん   2008年7月28日(月) 7:34    HP [修正]
>動画の同期撮影がうまくいきません。。。
こちらの説明通りやってもうまくいきませんか?
http://stereo.jpn.org/jpn/sdm/modzoom.htm

同期精度に関しては、もちろん、キースキャンだけでなく、二台のカメラが色々な処理を行っていますので、その処理速度の差が、同期をとれなくしている原因だと思います。

SDMの同期の取り方は、静止画撮影の場合、シャッターが切れる直前で、USBリモートSWの変化をセンスし、変化があったら、即、シャッターを切る事で同期をとっています。それでも、時々、数mS、タイミングがずれることがあるのですが、原因がよくわかりません。

動画も同様に、やってみたのですが、残念ながら、全く同期スタートできませんでした。動画のフレーム撮影が、スタートタイミングに関係なく、内部タイマーで行われているのかもしれません。

    JO-AKKUN   2008年7月31日(木) 1:21    [修正]
お騒がせしました。動画の同期に成功しました。
 同期精度についてですが、確かにいろいろな処理がありますが、何が支配的なクロックで、どう分周して使うか、どのタイミングを動作の起点とするのが効率的か、あるいはコストダウンが計れるか、安定度はどうなのかと言うのを考えていくと、ある程度は読めてくるのではないでしょうか?
 ただ、ビデオの CCD やら処理 IC なんかはデーター付きで売られていたのに対して、デジタルカメラ系のパーツは秋葉原には出てきませんから、分析は難しいです。。。
 さて、TX1 はこのままでは使い勝手が悪いので、近々改造するつもりです。
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26
全 1002件  [管理]
CGI-design