エキサイト インターネット翻訳設定

エキサイトでは、フリーのウェブページ翻訳を提供していますが、この機能を使う為には、翻訳したいウェブページのアドレス(URL)をいちいち入力する必要があり、ネットサーフ中に、英語のページをちょっと翻訳したい時には、不便でした。
そこで、翻訳したいページ上で、インターネットエクスプローラーの右クリックメニュー(コンテキストメニュー)から、選択するだけで、自動的にエキサイトの翻訳サービスを呼び出し、英→日、韓→日、中→日の翻訳できるように開発しました。

基本的には、実行ファイル(エキサイト インターネット翻訳設定)と同じフォルダに、翻訳サービスを呼び出す為のスクリプトファイルを作成するだけですので、設定を変更する必要がなければ、設定後は、実行ファイルを削除してもかまいません。

インターネットエクスプローラーの右クリックメニュー(コンテキストメニュー)に項目を追加する為には、一度、開いている全てのインターネットエクスプローラーの窓を閉じる必要がありますのでご注意下さい。
また、IE4.0以前のバージョンやIE以外のブラウザでは正常に機能しないと思われます。

このソフトは、フリーソフトですが、使用上のいかなる問題に関しても、作者は、責任を負いません。各人の責任においてご使用下さい。

使い方

実行ファイル(translate.exe)を適当なフォルダにコピーします。実行ファイルと同じフォルダに、翻訳用のスクリプトファイルを作成しますので、CD-ROM等、書き込みできないディスクから起動しても、正常に設定できませんのでご注意下さい。
ソフトを起動し、オプションを設定し、必要な言語の「メニュー追加」ボタンを押します。
メニューボタンが押された状態は、IEのコンテキストメニューに項目(英日翻訳、韓日翻訳、中日翻訳)が追加され、ボタンが押されていない時は、メニューから削除されます。(自由に追加/削除ができます)
「エキサイト操作パネル」は、翻訳したあと、翻訳方向(英→日、日→英)、表示方法(訳文のみ、訳文と原文)等を変更する為の操作パネルです。
「訳文のみ表示」は、原文を表示せず、翻訳文のみ表示するオプションです。後から、エキサイト操作パネルで変更することもできます。

[ボタンが押されていない状態]


[ボタンが押されている状態]


ボタンが押されている状態で「設定終了」ボタンを押すと設定完了です。
インターネットエクスプローラーの右クリックメニュー(コンテキストメニュー)に項目を追加する為には、一度、開いている全てのインターネットエクスプローラーの窓を閉じる必要がありますのでご注意下さい。

[英語のページでマウスの右クリックメニューを表示した所]
何も表示が無い所で右クリックして下さい。リンクや画像の上では、翻訳メニューは表示されません。


[メニューから英日翻訳を選択し、翻訳した所]
「エキサイト操作パネル」を表示、「原文と訳文を表示」


[メニューから英日翻訳を選択し、翻訳した所]
「エキサイト操作パネル」を表示しない、「訳文のみ表示」


翻訳したページからリンクで開いたページは自動的に翻訳されますので、いちいちメニューから翻訳を選択する必要はありません。

その他の機能

「バージョン情報」ボタンを押すと下記のダイアログが表示されます。


「翻訳テスト用 WEBページ」のボタンを押すと、各言語の翻訳テスト用のWEBページを開きます。翻訳のテストにご活用下さい。

「エキサイト翻訳ページを開く」ボタンを押すと、エキサイトの翻訳ページを開きます。

履歴

2004年10月31日 Ver0.02
最初のリリース