DASファイル(デジカメであそぼステレオファイル)の作成

最初に戻る

DASファイルは、「デジカメであそぼ 立体写真」や「高機能3Dビューワー」で使用する為の、統合ステレオ画像ファイルです。ファイルの中身は、左右2枚のステレオペア画像(BMPまたはJPEG)とそのサムネイル画像、左右の画像を重ねる時の位置情報等から構成されています。
DASファイルを作成し、左右の位置を合わせて記録しておくと、ビューワーで連続表示やスライドショーができ、とても便利です。また、ファイル名、タイムスタンプを含め全く元のファイルに戻す事もできますので、安心です。

「デジカメであそぼ 立体写真」の場合は、マウスの右クリックのメニューの「ファイル」「DASファイル作成、復元...」を選択する。「高機能3Dビューワー」の場合は、左の「DAS作成、復元」ボタンを押す。
まず、左画像を指定する。

左画像の「参照」ボタンを押す。
必要に応じてプレビュー画像を確認しながら左画像を選択し「開く」ボタンを押す。
左画像が連番のファイル名になっている時は、左のように自動的に右画像を指定します。また左右ファイル名が***l.jpg/***r.jpgのようになっている場合も自動的に右画像を指定します。
右画像が指定されない時や、右画像が違っている場合は、参照ボタンを押し、右画像を指定して下さい。
「作成/復元」ボタンを押し、保存先フォルダ、ファイル名を指定し、保存する。

続けて、DASファイルを作成する場合は、同様に左画像から指定する。

終了する場合は、「キャンセル」ボタンを押す。
DASファイルに左右の画像の位置情報を記録する方法

DASファイルをどの表示タイプでもいいので、立体表示し、矢印キーで立体が見易い位置に、左右画像の位置調整を行う。「Y」キーを押すと画面左上に、位置情報を書き込んだ旨のメッセージが表示され、その位置が記録されます。次回からその位置関係で表示されるようになります。