高機能3Dビューワー

高機能3Dビュワーの使い方
WINx3D(Stereoscopic drivers)のインストール
DASファイル(デジカメであそぼステレオファイル)の作成
ダウンロード(プログラム本体、立体写真サンプル)

「高機能3Dビューワー」は、下の図のような、液晶シャッターメガネを使用した高画質立体表示、およびインターレス立体表示、また、赤青メガネを利用したアナグリフ立体表示、さらに裸眼立体視による交差法立体表示、平行法立体表示と、パソコンで扱えるほとんどの立体表現に対応した、非常に高機能なビューワーです。
また、画像を連続で次々に表示したり、スライドショーでも、ちらつきの無い高速な画像切り替えを実現しています。左右の画像の入替えや左右の画像の位置調整も非常に簡単です。

1.液晶シャッターメガネ用高画質立体表示

IO-DATA社のPLAY3DPC」や「ELZA社の3D REVELATOR」等の液晶シャッターメガネ用の立体表示です。

液晶シャッターメガネの左右のレンズのON/OFFに同期して高速に左右画像を切り替えて表示する為に、専用の「WINx3D」というドライバーをインストールする必要があります。

原理上、LCDディスプレイでは、立体に見えませんので、ご注意下さい。
2.液晶シャッターメガネ用インターレス立体表示

IO-DATA社のPLAY3DPC」等、インターレス立体鑑賞ができる液晶シャッターメガネ用の立体表示です。

「WINx3D」等、特別なドライバーのインストールは、不要ですが、画質が落ち、また画面がちらつきます。
3.赤青メガネ用アナグリフ画像表示

高価な液晶シャッターメガネが無い(購入できない)方は、100円ショップ等で、赤と青のセロファンを買ってきて、赤青メガネを作れば、簡単に、立体写真が楽しめます。

左のようにフルカラーのアナグリフ画像だけでなく、赤/青や赤/緑のアナグリフ画像も表示できます。
4.裸眼立体視用の画像表示

メガネは、不要という方は、そのまま並べて、平行法や交差法用の画像表示もできます。

ダウンロード

高機能3DビューワーVer0.97 320KB 2003/01/01
液晶シャッター再生画面から通常画面に戻る時、リフレッシュレートが変わってしまう問題の修正
WindowsXP対応しました。WindowsXP用のWinX3Dドライバーが動作する環境で、液晶シャッターメガネでの立体鑑賞が可能です。

立体写真サンプル(DAS形式) 697KB 2002/07/06