ステレオグーグルアース

Google Earth プラグインにより、WEB上で、グーグルアースが見られるようになりました。
ステレオグーグルアースは、視点をずらした2枚のグーグルアース画像を並べる事で、リアルタイムなステレオ表示を可能にしました。
(Google Earthプラグインがインストールされていない場合、画面のメッセージに従ってインストールして下さい)

左側の画像をマウス/キーボードもしくは、画面上部の「ナビ表示」をチェックし、ナビゲーションコントロールを表示して、操作して下さい。右側の画像は、自動的にステレオベースを計算し、表示されます。

使い方

[URLコピー]
現在見ている状態のURLをクリップボードにコピーします。そのURLを使えば、同じ視点でステレオ表示できます。
メール等で友人に送れば、おなじステレオ写真を共有できます。

[検索]
検索ボタンの左側のボックスに検索ワードを入力し、検索ボタンを押せば、その場所にジャンプします。

[Google Map]
現在の表示位置をGoogle Mapで表示します。逆に、Google Mapで好きな場所を探して、[Stereo Google Earth]ボタンを押せば、その場所を表示します。位置情報を持って[Google Map]⇔[Stereo Google Earth]を行き来できます。

[ヘルプ]
このヘルプを表示します。

[サンプル]
いくつか、サンプルの場所を用意しています(URLコピー機能で集めました)

[平行法/交差法]
表示を平行法もしくは交差法に設定します。

[ナビ表示]
ナビゲーションコントロールを表示/非表示します。

[ステレオベース]
ターゲットまでの距離の1/Xでステレオベースを指定します。
1/20〜1/50(20〜50)くらいで、見やすい値を見つけて下さい。

Google Earthのナビゲーション

キー入力操作を有効にするには、左側の画像の任意の場所をクリックして下さい。

コマンド

Windows/Linux
キー入力

Mac
キー入力

説明

左へ移動 矢印の方向にビューアを移動します。
右へ移動 矢印の方向にビューアを移動します。
上へ移動 矢印の方向にビューアを移動します。
下へ移動 矢印の方向にビューアを移動します。
時計回りに回転 Shift + ← Shift + ← ビューを時計回りに回転します。地球儀は反時計回りに回転します。
反時計回りに回転 Shift + → Shift + → ビューを反時計回りに回転します。
上に傾斜 Shift + マウスの左クリック + 下にドラッグ、Shift + ↓ Shift + ↓ ビューアを「水平方向」のビューに傾斜します。
下に傾斜 Shift + マウスの左クリック + 上にドラッグ、Shift + ↑ Shift + ↑ ビューアを「真上からの」ビュー方向に傾斜します。
周囲を見回す Ctrl + マウスの左クリック + ドラッグ コマンド/アップル キー + マウス ボタン + ドラッグ 上下左右に首を回して眺めるように、別の方向に視点を移します。
ズームイン マウス ホイールをスクロール、+ (プラス)、PageUp マウス ホイールをスクロール、+ (プラス) ビューアをズームインします。ヒント: PageUp キーを使用する場合は、キーボードの Num Lock がオフになっていることを確認してください。
ズームアウト マウス ホイールをスクロール、- (マイナス) (キーボードとテンキーの両方)、PageDown マウス ホイールをスクロール、- (マイナス) (キーボードとテン キーの両方) ビューアをズームアウトします。ヒント: PageDown キーを使用する場合は、キーボードの Num Lock がオフになっていることを確認してください。
ズーム後に自動傾斜 マウスの右クリック + 上下にドラッグ Ctrl + マウスのクリック + 上下にドラッグ ビューをズームインし、地表レベルに近づくと表示角度が自動傾斜します。
「真北」のビューにリセット N N 北が上に表示されるようにビューを回転します。
「真上から」のビューに傾斜をリセット U U 傾斜をリセットして、「真上からの」ビューまたは「真上」モードでビューを表示します。
傾斜とコンパス ビューをデフォルトにリセット R R 傾斜角度をリセットして「真上からの」ビューで表示し、「真北」ビューに回転します。この機能を使用してビューアの中央に地球を移動します。